ケアする人のケア・シリーズ

各画像をクリックすると、より詳しい内容をご覧いただけます。
  • ケアの仕事をする人のケア 感情労働の視点から
    ケアの仕事をする人のケア 感情労働の視点から
    540円
    相手の気持ちに共感したり、生きる意欲を引き出すといった行為は、目に見えず評価の対象になりにくいものです。そんな、目には見えないはたらきを労働として捉えようとする概念が「感情労働」です。
    本書では、ケアの仕事の社会的評価を高めていくために、感情を労働として捉えることの可能性と限界を提起しています。複雑で繊細なケアの営みを、新しい視点から見つめ直してみませんか。
    A4判88ページ 2009年3月発行
  • ケアの仕事をする人のケア ケアサービスの職場環境を考える
    ケアの仕事をする人のケア ケアサービスの職場環境を考える
    540円
    いいケアは、いい職場から生まれる」という仮説のもと、質の高いケアを実践している事業所を対象に、組織の共通点を明らかにする調査をしました。11の組織とそこで働く従事者が織りなす物語からは、「いい仕事をしよう」と従事者が思えるための職場環境づくりの具体的なアイデアを得ることができます。
    A4判52ページ 2007年3月発行
  • ケアリング・ソサエティ
    ケアリング・ソサエティ
    540円
    「生きやすい社会」へ

    ケアという日常的な営みが、社会や文化という大きな枠組みとどのようにつながっているのだろうか、ということについて、さまざまな立場・視角から考察しました。ケアについて、ちょっと深く考えてみたいとき、本書をお役立ていただければ幸いです。
    A5判134ページ 2005年3月発行
  • セルフケア・ノート
    セルフケア・ノート
    540円
    魂の世話

    みなさんは日頃、嬉しいことや楽しいこと、嫌なことや悲しいことを、どんなふうに表現していますか。忙しい日常のなかで心のゆとりを失いそうなとき、緊張やこわばりをときほぐすことが大切です。こころとからだをときほぐし、感情生活を豊かにしていくためのヒントを盛り込みました。
    A5判72ページ 2003年8月発行
  • ケアする人のケア・ハンドブック
    ケアする人のケア・ハンドブック
    540円
    家族のケアを支える

    ケアする家族を支えるために、過剰な負担を軽減するためのサービスだけでなく、家族が家族としてのつながりを再構築していく取り組みに着目してまとめています。
    A5判112ページ 2004年3月発行
  • 生きなおしの物語を紡ぐ
    生きなおしの物語を紡ぐ
    540円
    ケアする人のセルフケア

    人は物語を紡ぐことによって「セルフケア」ができていくのではないか、創造的に生きることがケアをより豊かなものにするのではないか―こうした仮説にもとづいて、「セルフケア」の方法や「ケアする人のケア」の実践例を紹介。
    A5判92ページ 2002年8月発行

(カテゴリー内:8点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索