各画像をクリックすると、より詳しい内容をご覧いただけます。
  • ABLE ART
    ABLE ART
    2,057円
    魂の芸術家たちの現在(いま)

    自己の癒しを超えて他者の癒しとなったときに「魂の芸術家」たちのアートに可能性が生まれてくる。障害者芸術という概念を超えて生命をおりなし、見るものとの対話を生みだす12の団体と個人の作品を収録。
    A4判56ページ 1996年12月発行
  • WATABOSHI COLLECTION III
    WATABOSHI COLLECTION III
    2,880円
    わたぼうしの第三弾CD
    輝く生命(いのち)をありがとう
  • [アートミーツケア叢書vol.1]病院のアート 医療現場の再生と未来
    [アートミーツケア叢書vol.1]病院のアート 医療現場の再生と未来
    2,160円

    アートミーツケア学会編
    森口ゆたか・山口(中上)悦子 責任編集

    アートが病院を変え、病院がアートを育てる
    人間らしさと自分らしさを回復し表現する医療とアート。その原点と未来を医療現場におけるアート活動の最前線から展望する、医療関係者・アーティスト必読の書。【装丁】A5判並製246頁

    アートミーツケア叢書とは・・・
    <生きること>に共通の根をもつアートとケア。多様な場で実践と研究を積み重ねる人びとが領域を横断して手をとりあい、この二つを分け隔てている制度や既成の概念を問い直し、アートと社会の再生を願うシリーズです。

  • [アートミーツケア叢書vol.2]生と死をつなぐケアとアート
    [アートミーツケア叢書vol.2]生と死をつなぐケアとアート
    2,160円

    アートミーツケア学会編 秋田光彦・坂倉杏介 責任編集

     <死>と<生>がとなりあうこの世界に生きることに

    遠く隔たった存在との共存の営みについて

    宗教、綺麗、記憶、死者への関係などから読み解く、

    アートミーツケア叢書第2弾!!(内容詳細はこちら)

    【装丁】A5判並製192頁

  • “癒し”としての自己表現
    “癒し”としての自己表現
    1,029円
    精神病院での芸術活動、安彦講平と表現者たちの34年の軌跡

    精神障害のある人たちと安彦講平の34年間に渡る造形教室の記録。8人の作家たちの作品、ポートレート、作家本人によるコメントをはじめ、創作活動の具体的な事例などを紹介し「病いと人間の文化」について考えます。
    A5判184頁(カラー24ページ)/2001年発行
  • こどものてつがく美術館 ワークショップ、フォーラムの記録
    こどものてつがく美術館 ワークショップ、フォーラムの記録
    1,543円
    A5変形判16ページ/DVD:約20分 2013年6月発行
     
    鑑賞から表現へ-こどもたちと発見する美術/館の楽しみ方-
     
    作品を通して対話する「てつがくの時間」。その対話から音楽やダンス、創作活動を行う「表現の時間」。こどもたちと、哲学者、アーティストなどが、美術館で出会い、さまざまなかたちの表現が生まれました。その4つのワークショップ(冊子、DVD)と活動報告のフォーラム(冊子)の様子をご紹介します。作品から触発され、あふれだすこどもたちの魅力的な感性や、いきいきとした表情をぜひご覧ください。

(全商品:48点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索