日本ボランティア学会2002年度版学会誌

特集 ボランタリー・エコノミー

(A5判156ページ)
□インタビュー│理想形としての贈与
──中沢新一(人類学者)×インタビュアー:萩原なつ子(学会副代表)

特集 ボランタリー・エコノミー
■企業化するバングラデシュNGOの手工業品生産事業
──五十嵐理奈(福岡アジア美術館)

■未来社会に向けて:イギリスにみる地域に根ざしたスモール・ビジネス
──フィリーダ・パーヴィス(Links Japan)

■座談│日本のボランタリー・エコノミーを考えるために:社会的企業、社会的経済・連帯経済とは何か
──北島健一(松山大学)×藤井敦史(東北大学)×秋葉武(立命館大学)×清水洋行(東京学芸大学)×中村陽一(本誌編集長/立教大学)

■異文化交流から学んだこと:テチマヘ倶楽部の7年間
──室住圭一・坂巻京子(テチマヘ倶楽部)

投稿
□論文│米国の国立公園・国有林ボランティア制度における運用の実態と、専門職員の現場裁量権について
──前出健太郎

□論文│宗教系ボランティア団体におけるミッションの解釈過程:山谷地域におけるキリスト教系ボランティア団体を事例として
──渡辺芳

□研究ノート│施設におけるボランティアの受け入れとコーディネーターの役割:介護保険施設の現場から
──山本浩文

□研究ノート│NPOのマネジメント:「止揚学園」における共同体制の事例から
──大澤史伸

□提言│福祉のボランティア活動の発展を求めて
──山口泰一

□実践報告│地域の自立と共同:グループ目高舎の試み
──林喜代三


▼ 「純粋贈与」という概念は、一種の理想形なのです。しかし人間は、死霊とか神様といった目に見えないものとともに共同体を形成したり、モノを超えた何かが循環していくことを、理想形として描くことができます。理想にかかわることがなければ、共同体論も贈与論も潤滑に運用されなくなってしまうでしょう。おそらくボランティア運動もそうだと思います。(中沢新一)

▼起業家精神を持つ貧困者を支援するための小額資金の融資が、いつしかNGOにローンと利子を返済するために、NGOによる手工芸品事業に携わらざるを得ない状況へと逆転しているのである。これは、貧困女性たちが自発性に基づいた事業を行っていくこととは反対に、NGOに依存しなければ生きていかれない状況を作り出すことになっている。(五十嵐理奈)

▼多くのコミュニティ・ビジネス論は、最初から雇用を起こすことを期待する論調です。定義自体はあいまいなものにしておいて、できるだけ行政のお金を使わないで雇用が生まれるなら、何でもいいから「コミュニティ・ビジネス」にしてしまおう、という傾向にあると思います。既存の構造を温存したままで、「コミュニティ」や「社会性」について問われない状況には問題を感じます。(藤井敦史)

1,885円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索