アートミーツケア Vol.3/2011

Art Meets Care VOL.3

特集「記憶の居場所」
写真家、石内都さんの講演録のほか、さまざまな人の記憶をめぐる断章を通して、私たちが現在を誠実に生き抜くために不可欠な、根源的な〈生〉の技法としての記憶にせまります。
ほか、コラムやアートケアをめぐるブックレビュー、投稿部では論文、実践報告、研究ノート等も多数収録しています!

アートミーツケア学会、学会誌第3弾。
B5判114ページ 2011年11月発行 発売元:生活書院
ISBN978-4-903690-84‐1

「アートミーツケア」の「ミーツ」には、アートとケアが出会う場をひらくという期待が込められています。異質なもの同士の出会いの場では、協働、衝突、融合、搾取、贈与など、さまざまな問題が生じてくるでしょう。しかし、こうした領域のオーバーラップするところにこそ、新たな知と文化が生まれてくるのではないでしょうか。
(編集委員のことばから)
【内容】
■特集 記憶の居場所
◆講演
石内都/記憶の居場所

◆寄稿
猪瀬浩平・大橋(岩楯)摩州・仮屋崎健/路上と記憶をめぐる断章

◆インタビュー
河田珪子/「うちの実家」-生きる記憶のつくる場所
橋本久仁彦/人間の尊厳にアクセスする時間と空間の技法-エンカウンターグループとプレイバックシアター

◆コラム
横川善正/記憶の水際-ホスピスで最期に描いてほしい風景
近田真美子/確かなことは
手嶋雅史/生きている実感をつむぐ-記憶はゆかいな場所に
水岡隆子/あんドーナツをめぐって

■投稿
◆論文
李永淑/医療以外の目的を孕む共同体としての病院
 -大学病院小児がん病棟における「真剣な遊び」を事例に
井尻貴子/話すことと見ること-視覚に障害のある人とのことばによる美術鑑賞活動について
鈴木理恵子/ダイアリーを「書くという行為」によるワークショップの評価方法の意義
國崎貴弘/「一枚の写真を撮る」体験における心の動き-フィールドワーク調査を通して

◆実践報告
杉山暁子ほか/芸術家と病院職員の協働によるアート活動-大阪市大病院アートプロジェクト2008「風邪のおみく詩(じ)の報告
犬飼岳史ほか/大学病院小児科病棟におけるミュージアム活動の試み
宮本博史・西川勝/宮本博史・存立プロジェクト-西川勝の場合・知らない記憶
森末治彦/「朝鮮学校ダイアローグ-もう一つのジモトの『風景』と『記憶』のアート・プロジェクト」の試み
荻野雅之ほか/大学病院小児病棟におけるつみ木広場の定期開催

◆往復通信
日野陽子・光島貴之/新しい美術のために(2)-ミュージアム・アクセス・ビューの歩みに学ぶ

■ブックレビュー
奥本京子・清水千佳・長津結一郎・夏谷恵子・古賀弥生・長谷川珠代・SYUTA(三友周太)・並河恵美子

アートミーツケア学会について

価格:2,750

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索